ダイエット・怪我の防止・病気予防・・・加圧トレを始める理由は人それぞれ

加圧トレーニングをダイエットだけではなく、健康の為に行おう。 - 生活習慣病対策としての加圧トレーニング

生活習慣病対策としての加圧トレーニング

生活習慣病対策として加圧トレーニングが有効?
もちろん運動の一種なんだから当たり前!
とはいえ加圧トレーニング独特の原理で、生活習慣病対策になるようです。

■生活習慣病とは

かつては成人病と呼ばれていましたが、昨今はメタボとの呼び名も一般化しています。
しかし子供でもなる?子供のうちから対処しないと困る?そもそも生活習慣が原因で発症する!そういう意味から生活習慣病へと改称されたのです。
ちなみに高血圧、糖尿病、脂質異常症がメタボリックシンドロームにつながる生活習慣病であり、痛風と関係する高尿酸血症を加えることもあります。

■運動をしましょう

生活習慣病を予防、改善するためには、肥満を解消することが一番です。中でも食事メニューの見直しが重要です。
一方で運動をすることも有効です。近年は交通機関の発達により歩かなくなった?これが生活習慣病の根本原因だとも考えられているからです。
具体的には毎日30分歩く!かなり効果的な生活習慣病対策です。
しかしそんな時間的ゆとりはない?ならば週末にまとめてジムで運動をしましょう。

■加圧トレーニングが代謝を促す

gyhrtrs
加圧トレーニングをすると、末端の血管まで刺激を与えることができます。そこから血行に関する症状が改善されるようです。
また加圧トレーニングにより成長ホルモンが大量に分泌されます。これが体内の代謝を促すようです。
本来メタボリックとは代謝のことであり、代謝が滞ることがトラブルの原因なのです。

■すっきりするから続けられる

生活習慣病に罹る人は、基本的に何もしたくない!そんな意識があるものです。
しかし心のどこかでは?何かしなければ!自覚しているようです。
中途半端な運動ではなく思い切って加圧トレーニングを試してみる?
意外なほどすっきりする!だから続けられるようです。
生活習慣病を放置していると?脳梗塞に陥ることが少なくありません。
脳梗塞から無事に生還しても?重篤な後遺症が残ったり、辛いリハビリが待っています。
一方で脳梗塞後のリハビリに加圧トレーニングが成果を上げている?報告があるようです。

■脳梗塞とは

脳梗塞とは、動脈硬化や血栓などにより脳の血管が詰まり、脳の機能が失われてしまう病気です。詰まった箇所によって現れる症状は様々です。最悪のケースは命を失いますが、手足の麻痺などが残れば?予後が深刻です。
そういう意味では予防に努めることが重要です。
メタボとの診断は、人生の勲章ではありません。メタボを予防することが、脳梗塞の予防につながります。

■脳梗塞後のリハビリに加圧トレーニング

リハビリの手法も様々ありますが、昨今は脳梗塞後のリハビリに加圧トレーニングを取り入れる施設が増えているようです。
加圧トレーニングは、血管に負荷をかけることにより血流を促す!そんな原理です。また成長ホルモンの分泌により、代謝を高める作用も期待されています。
そういうメカニズムから、リハビリにもダイエット|加圧ビューティーテラスは有効!諦めずに続けると?奇跡的な回復!稀ではないようです。
言い換えるなら、加圧トレーニングを使えば奇跡ではなく当たり前?なるかもしれません。

■可能性を信じて試す

もちろんすべての人が改善するのか?医学的に解明できていない面も多々あります。
それでも加圧トレーニングによるリハビリ効果が理論的にも説明できるなら?選択肢として活用すべきでしょう。
人間諦めたらそれで終りです。加圧トレーニングとの出会いで人生が変わる!可能性はどこにでも転がっています。それを捜し求め、信じ、試してみることができるか?それが今後を決めるでしょう。